ランボルギーニの新型ハイパーカー、史上最強のV12搭載…開発テスト[動画]

ランボルギーニ SCV12 のプロトタイプ
ランボルギーニ SCV12 のプロトタイプ全 4 枚写真をすべて見る

ランボルギーニ(Lamborghini)は、今夏発表するサーキット専用の新型ハイパーカー、『SCV12』の開発テストの映像を公開した。

SCV12は、ランボルギーニのモータースポーツ部門のスクアドラ コルセによって開発され、ランボルギーニのデザイン部門の「セントロスタイル」がデザインを手がける。

そのハイライトは、ランボルギーニ史上最強のV12エンジンだ。自然吸気の6.5リットルV型12気筒ガソリンエンジンで、最大出力は830hpを発生する。トランスミッションは、6速シーケンシャル「Xtrac」を組み合わせる。後輪駆動の軽量シャシーの構造要素として、シーケンシャル6速ギアボックスを組み込むことにより、重量を軽減して重量配分を最適化しているという。

また、アルミ製のフロントフレームとカーボンファイバー製モノコックによる構造が、最高レベルの安全性を追求する。スチール製のロールケージも組み込まれた。エアロダイナミクス性能は、V12エンジンのパフォーマンスを最大限に引き出すように設計される。

ランボルギーニ SCV12 のプロトタイプランボルギーニ SCV12 のプロトタイプ

ランボルギーニは、このSCV12のプロトタイプによる開発テストの映像を公開した。フランスのポール・リカール・サーキットを、痛快なV12サウンドを響かせながら走行している。

ランボルギーニ SCV12 のプロトタイプランボルギーニ SCV12 のプロトタイプ

《森脇稔》

【画像】ランボルギーニの新型ハイパーカー、史上最強のV12搭載…開発テスト[動画](4枚)

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 今週注目を集めた記事ランキング…1位はメルセデスベンツのコンパクトミニバン
  2. いすゞトラックばかり---750を超える車両が登場
  3. 【BMW 318iツーリング 新型試乗】積極的にこのエントリーグレードを推したい…中村孝仁
  4. MINIの世界販売、510万台超え---世界の電動車の5分の1
  5. 空冷ポルシェで1台2億円!? マニア垂涎『シンガー911 DLS』とは
  6. スズキ、浜松工場の操業停止日を追加---GSX-R1000Rなど二輪車製造
  7. セルスター、受信性能2倍アップの一体型セーフティレーダー 3.7インチモデルを発売
  8. コロナ禍でタクシー移動の浮気増加…探偵がバイクで追跡
  9. トヨタ、10月も国内14工場27ラインで延べ135日稼働停止へ
  10. トヨタ『GRカローラ』と『プリウスPHV』次期型は水素エンジン搭載か!? 登場時期は
ランキングをもっと見る