シトロエン C4 新型、ハッチバックからSUVクーペに変身 欧州発表

CセグハッチバックにSUVの力強さを融合

ダッシュボードに組み込まれた世界初の収納システム

サスペンションは「魔法の絨毯」のような乗り心地を追求

シトロエン C4 新型
シトロエン C4 新型全 24 枚写真をすべて見る

シトロエンは6月30日、新型『C4』(Citroen C4)を欧州でデジタルワールドプレミアした。

CセグハッチバックにSUVの力強さを融合

新型は、Cセグメントハッチバックセグメントの中でも、ユニークかつ大胆なアイデンティティを主張する新たなコンセプトを表現した。ボディを高く持ち上げることで、より主張が強められたシルエットによって、ハッチバックのエレガンスとダイナミズムを備えつつ、そこにSUVらしい力強さと個性を融合しているという。

フロントマスクには、V字型のシグネチャーライティングが採用された。これは、2020年初頭に発表された新型『C3』のデザインを発展させたものだ。ヘッドライトとクロームシェブロンが、車両の全幅いっぱいに伸びている。最新のLED技術を導入した「シトロエンLEDビジョン」ヘッドライトは、上側がデイタイムランニングライト、下側が3つのLEDモジュールで構成されるヘッドライトとなる。

高い位置に水平に置かれたボンネットは、『C5 エアクロス SUV』のデザインを反映したもので、力強さや堅牢性、エネルギッシュさを表現する。マットブラックのロアスカート付きフロントバンパーは、小さな衝撃に耐える性能を持たせた。シトロエン C4 新型

マットブラックのホイールアーチは、前後のバンパースカートとボディサイドの「エアバンプ」につながるデザインとした。独特のルーフラインに傾斜したリアウィンドウを組み合わせて、空力性能を追求する。この緩やかに傾斜したルーフや、3つのサイドウィンドウのデザインは、シトロエンの名車『GS』(1970~1986年)を連想させるものとした。

リアは、傾斜したウィンドウや縦型のハッチゲート、スポイラーを採用した。シトロエンによると、2004年の『C4クーペ』のボディ形状からインスピレーションを得ているという。

新型のボディサイズは、全長4360mm、全幅1800mm、全高1525mm、ホイールベース2670mm。690mmの大径ホイールに短い前後オーバーハング、156mmの最低地上高が特長だ。シトロエンによると、競合モデルよりもアイポイントが1220mmと高く、ドライバーの視認性を向上させているという。シトロエン C4 新型

ダッシュボードに組み込まれた世界初の収納システム

インテリアは、くつろぎや快適性、モダンさを表現することを重視した。新型には、最新の「シトロエン・アドバンスド・コンフォート」プログラムを導入する。クリーンでモダンなダッシュボード、柔らかな形状のドアパネル、複数の収納コンパートメント、柔らかくしなやかな素材などにより、モダンでオールラウンドな快適さの新感覚を表現しているという。

インテリアには、「アドバンスドコンフォートシート」が採用された。これは、『C5エアクロスSUV』と同様の装備だ。シート内部の新開発の高密度フォームが、シートのへたりや経年劣化を防ぎ、長期間にわたって快適性を維持する。

また、室内のスペースを拡大し、助手席側には革新的かつ実用的な新機能を盛り込む。そのひとつが、「スマートパッド・サポート・シトロエン」で、ダッシュボードに組み込まれた機能的な世界初の収納システムだ。Apple の「iPad Air 2」とサムスンの「Tab A 10.5」の専用シェルを使用して、タブレット端末を安全に固定できる。

助手席前方のダッシュボードトレイは、クッション付きの大型スライド式引き出しだ。特殊な滑り止めコーティングが施されており、タブレット端末などを安全に保管できる。

新型では、HMI(ヒューマン・マシン・インターフェース)をさらに追求した。ドライバーの前方のフレームレスHDデジタルインストルメントパネルは、視認性の高いデザイン。オプションの大型カラーヘッドアップディスプレイは、落ち着いた白いサイドムード照明で強調表示され、重要な運転情報を読みやすく直感的な方法で表示する。ダッシュボード中央上部には、車両のコントロールの中枢を担う超薄型のボーダーレス10インチタッチスクリーンが配置される。シトロエン C4 新型

サスペンションは「魔法の絨毯」のような乗り心地を追求

サスペンションには、「プログレッシブ・ハイドローリック・クッション」を採用した。シトロエンによると、滑らかかつ快適な「魔法の絨毯」のような乗り心地を追求しているという。

プログレッシブ・ハイドローリック・クッションは、通常のダンパーにセカンダリーダンパーが追加された構造の純メカニカルなシステムだ。ダンパーシリンダー内に第2のダンパーシリンダーが配されており、サイドには複数のポートが開けられている。セカンダリーシリンダーには、その内径にあったセカンダリーピストンが存在し、ストロークが進むとセカンダリーピストンがシリンダーに入り込み、ハイドロリックストップとして作用するポジション・センシティブダンパーだ。

これにより、サスペンションが小さく細かく動く状況や、サスペンションのストロークスピードが低い状況では、減衰力が小さくソフトな乗り心地を可能にする。サスペンションが大きく動く状況では、セカンダリーピストンとシリンダーが生み出す減衰力で衝撃を吸収する。

《森脇稔》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV