東急バス、コロナ対策で全車両に抗ウイルス・抗菌施工 東日本初

コーティング施工作業の様子
コーティング施工作業の様子全 2 枚写真をすべて見る

東急バス・東急トランセは、全バス車両の車内全体に抗ウイルス・抗菌施工を実施、7月上旬までに完了させると発表した。

対象となるのは、高速バス・観光バス含む全車974車両。光の有無にかかわらず効果を発揮し、付着および浮遊するウイルスや菌を不活性化させる「無光触媒」を、乗客が手を触れるつり革や手すり、シートなどをはじめ、ガラス面、壁面など車内全体に噴霧し、コーティング施工する。また、施工済み車両には車内外にステッカー表示をする。

なお、無光触媒を使用したバス車両への抗ウイルス・抗菌施工は東日本のバス事業者では初めてとなる。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 復元後の2006年5月にイベントで展示された時のクハ5251(左)。
  • 黄色い『Q SEAT』車を連結した大井町線の6020系。「Qシート」は4月27日から休止中で、その再開と運行拡大は新型コロナウイルスの感染状況などにより判断される。
  • 新型コロナウイルスの感染拡大により、海外渡航が大幅に減少していることなどを受けて、5月1日から1日あたりの運行本数を7割程度削減される『成田エクスプレス』。日中はぼぼ姿を見なくなる。
  • 東急のホームドア。
  • フィアット ティーポSW クロスオーバー 開発車両(スクープ写真)
  • 日産 キャシュカイ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3ツーリング 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 4シリーズカブリオレ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ