コムテック、シガーソケットに差し込むだけの超高感度GPSレシーバーを近日発売

コムテック ZERO 108C
コムテック ZERO 108C全 1 枚写真をすべて見る

コムテックは、シガーソケットに差し込むだけで使用できる超高感度GPSレシーバー「ZERO 108C」を近日発売する。

ZERO 108Cは、幅41mm×高さ57×奥行23.3mm(シガープラグ・突起部除く)のコンパクトサイズ。配線不要で利用できるため、レンタカーや友人のクルマなど、自由に載せ替えて利用できる。

新製品は、本体に登録されたGPSデータにより新型取締機「レーザー式固定オービス」に対応。一般道では1km手前(高速では2km手前)から警報する。また、「レーザー式移動オービス」も、頻繁に行われている場所を随時地点登録しているため、最新のGPSデータで警報が可能となる。

GPSに加え、グロナス/ガリレオ対応で受信可能な衛星数が大幅に増加、日本上空にとどまる準天頂衛星みちびきにも対応し、都市部や山間部でも自車位置を見失うことなく精度の高い測位を実現。さらに、ひまわり、GAGANにも対応し、受信可能衛星は88基。最速GPS測位と合わせ、受信速度業界最高レベルを実現している。

GPSデータは18万件以上、取締・検問データは6万件以上収録。新設オービスなどの新しい取締に対応する最新データは無料でダウンロードできる。価格は1万1800円(税抜)。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • コムテック HDR-001C
  • レーダー探知機部門1位:コムテック ZERO 707LV
  • コムテック ZERO 708LV
  • コムテック ZDR-016
  • メルセデスベンツ Sクラス 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW T7 市販型プロトタイプ(左)と現行モデルのT6(右)を捉えたスクープ写真
  • メルセデスベンツ EQE 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ