マツダ北米販売はロードスターが10.4%増、SUVも7.7%増 2020年上半期

マツダ MX-5ミアタ(北米仕様)
マツダ MX-5ミアタ(北米仕様)全 7 枚写真をすべて見る

マツダ(Mazda)の米国部門の北米マツダは7月1日、2020年上半期(1~6月)の北米(アメリカ合衆国+メキシコ)新車販売の結果を発表した。総販売台数は12万8869台。前年同期比は7%減と、2年連続で前年実績を下回った。

乗用車系では、中型セダンの『マツダ6』が8085台を販売した。前年同期比は38.2%減と、2年連続の前年割れ。『マツダ3』も1万6228台にとどまる。前年同期比は43.1%減と、引き続き落ち込む。

ライトトラック(ピックアップトラックやSUV)系は、『CX-5』が北米マツダの最量販となる6万5072台を販売した。ただし、前年同期比は12.5%減と、2年連続のマイナスだ。『CX-9』は1万3451台を売り上げ、前年同期比は13.3%増と回復した。『CX-3』は、前年同期比29.9%減の4757台と2年連続のマイナス。『CX-30』は1万6956台と良好な立ち上がり。このCX-30効果で、SUV全体では7.7%増の10万0236台を売り上げた。

スポーツカーでは、『MX-5ミアタ』(日本名:『ロードスター』に相当)が4320台を販売した。前年同期比は10.4%増と、3年ぶりに前年実績を上回っている。

マツダの2019年の北米新車販売台数は、27万8552台だった。前年比は7.2%減と、2年ぶりに前年実績を下回っている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • マツダ CX-3 15Sツーリング
  • 運用車両
  • マツダ3 の2.5ターボ(北米仕様)
  • トヨタモータークレジットコーポレーションが設立したマツダファイナンシャルサービスのイメージ
  • フィアット ティーポSW クロスオーバー 開発車両(スクープ写真)
  • 日産 キャシュカイ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3ツーリング 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 4シリーズカブリオレ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ