三井ダイレクト損保、MONETコンソーシアムに参画…次世代モビリティ向け商品開発へ

MONET
MONET全 1 枚写真をすべて見る

三井ダイレクト損害保険は7月1日、MONET(モネ)テクノロジーズが設立した「MONETコンソーシアム」に参画したと発表した。

MONETコンソーシアムは、次世代モビリティサービスの推進、移動における社会課題の解決や、新たな価値創造を目指して業界・業種の垣根を越えて企業間の連携を推進するために設立された。

三井ダイレクトはコンソーシアムに参画している企業との協業や、「MONETプラットフォーム」を利用した実証実験への参画等を通じて、次世代モビリティサービスの利用者向けにダイレクト型損害保険会社の特徴を活かした先進的な商品・サービスの提供を目指す。

具体的には、得意分野であるデジタルマーケティングや顧客体験向上のノウハウを活かして、コンソーシアム参画企業と協業するほか、MONETプラットフォームのデータやサービスAPIを利用して、次世代モビリティサービスに対応した商品・サービスの提供につなげる。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • データ基盤やAPIを備えたMONETプラットフォームの狙い…MONET Technologies 技術本部 システム部 システム開発課 課長 永井泰裕氏[インタビュー]
  • MONET
  • 1kmメッシュ/1時間ごとのピンポイント天気予報(参考画像)
  • MONETマーケットプレイスのイメージ
  • BMW iX5(仮)プロトタイプのスクープ写真
  • メルセデスAMG C53 開発車両(スクープ写真)
  • ランドローバー レンジローバー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ