BMW、次世代の電動パワートレイン生産…新コンピテンスセンター開設

BMWグループが電動パワートレインの生産を行う新たなコンピテンスセンター
BMWグループが電動パワートレインの生産を行う新たなコンピテンスセンター全 5 枚写真をすべて見る

BMWグループ(BMW Group)は7月2日、電動パワートレインの生産を行う新たなコンピテンスセンターを、ドイツ・ディンゴルフィンク工場に開設した、と発表した。

BMWグループは2023年までに、電動車両のラインナップを25モデルに拡大する予定で、その半数以上はフルEVになる。また、ヨーロッパで販売されているBMWグループ車の4分の1は、2021年までに電動化される見通し。電動化の割合は、2025年に3分の1、2030年に2分の1に達する予定だ。

その結果、電気モーターとバッテリーに対する需要が高くなっている。 BMWグループのディンゴルフィンク工場は、これらの電動パワートレイン用の部品を他の工場に供給するうえで、重要な役割を果たしている。

BMWグループは2013年から、ドイツ・ディンゴルフィンク工場で電動パワートレインコンポーネントを生産してきた。今回、新たなコンピテンスセンターを開設することにより、電動パワートレインコンポーネントの生産能力を拡大する。

コンピテンスセンターでは、BMWグループの第5世代の高電圧バッテリー用のバッテリーモジュールの製造などを手がける。このバッテリーを含めた次世代の電動パワートレインの「BMW E-Drive」は、今夏の終わりから生産を開始する新型EV、『iX3』に初めて搭載される予定だ。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • BMW M2 CS
  • BMWのフランクフルトモーターショー2019のブース
  • BMW 3シリーズ・セダン 新型
  • BMW X3 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ランドローバー レンジローバー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Sクラス 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ