BMW M3セダン 次期型、パワーは480馬力と510馬力の2種類…プロトタイプの写真

「S58型」直列6気筒ツインターボ搭載

4WDの「M xDrive」を初設定

M専用サスを新エンジンの特性に合わせて調整

BMW M3セダン 次期型のプロトタイプ
BMW M3セダン 次期型のプロトタイプ全 13 枚写真をすべて見る

BMWの高性能車部門のBMW Mは、『M3セダン』(BMW M3 Sedan)次期型の開発プロトタイプの写真を公開した。次期M3セダンは、新型BMW『3シリーズセダン』がベースの高性能なMモデルになる。

「S58型」直列6気筒ツインターボ搭載

次期M3セダンには、最新のBMW Mツインパワーターボテクノロジーを採用する。このエンジンは、「S58」型と呼ばれる直列6気筒ガソリンツインターボエンジンで、最大出力500hp以上を引き出す。

すでに、S58型3.0リットル直6ツインターボエンジンは、新型『X3M』と新型『X4M』に搭載されている。両車の「コンペティション」仕様の場合、最大出力510hp/6250rpm、最大トルク61.2kgm/2600~5950rpmを発生する。

BMW Mの他の高性能モデルと同様に、次期BMW M3セダンには、2つのパフォーマンスレベルが用意される。標準仕様は最大出力が480hp。コンペティションでは、最大出力が510hpに引き上げられる。最大トルクは66.3kgmを獲得する。

現行M3セダンには、直噴3.0リットル直列6気筒ツインターボエンジンを積む。最大出力は431hp/5500~7300rpm、最大トルクは56.1kgm/1850~5500rpmだ。次期型では、標準仕様で49hp、コンペティション仕様で60hpという大幅なパワーアップが図られることになる。BMW M3セダン 次期型のプロトタイプ

4WDの「M xDrive」を初設定

次期M3セダンにはまず、後輪駆動モデルが用意される。遅れて、4WDの「M xDrive」が初設定される。M xDriveは通常状態ではFRを基本にしながら、路面状況や走行状態に応じて、4WDに変化する。

また、次期M3セダンのトランスミッションには、「Drivelogic」を搭載した8速「Mステップトロニック」が採用される。さらに、6速MTが継続設定される。BMWによると、純粋なパフォーマンス体験と、車両をダイレクトに操る感覚を好む顧客にとって、マニュアルトランスミッションモデルのバリエーションは、このセグメントでユニークなオファーになるという。BMW M3セダン 次期型のプロトタイプ

M専用サスを新エンジンの特性に合わせて調整

BMWは現在、次期M3セダンのプロトタイプによる開発テストを、南フランスのミラマにあるBMWグループのテストセンターや、ドイツ・ニュルブルクリンク北コースなどで行っている。パワートレインや、スプリング、ダンパー、ブレーキなどの性能を煮詰めるのが狙いだ。

BMW Mの開発およびテストエンジニアは、細心の注意を払って、テストプログラムを実施している。現在、M専用のサスペンションコンポーネントが、次期M3セダンのエンジンの性能特性に合わせて調整されている。DTM(ドイツ・ツーリングカー選手権)の長年の開催地として知られているドイツ・ザクセンリンクの約3670mのコースも、この目的のための理想的な条件を提供するという。

ニュルブルクリンク北コースでは、あらゆる状況において、パワートレインとサスペンションのテクノロジーの相互作用の新基準を打ち立てることを目指す。ヘアピンやロングストレートなどで構成された困難なコースが、次期M3セダンの縦方向と横方向の走行ダイナミクスを最適化するのに役立つという。

BMWは、次期M3セダンのパフォーマンスの潜在能力はすでに明白で、刺激的な俊敏性、卓越したダイナミクス、極端な状況でも正確に制御可能なハンドリングなど、Mならではの優れた性能と日常性とのバランスは、新しいレベルを達成する、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

ピックアップ