アウディの電動SUV「Q4 e-tron」市販型、ついに最終デザイン見えた

アウディ Q4 e-tron 市販型(スクープ写真)
アウディ Q4 e-tron 市販型(スクープ写真)全 24 枚写真をすべて見る

アウディが開発を進める新型の電動クロスオーバーSUV、『Q4 e-tron』市販型プロトタイプをカメラが捉えた。

Q4 e-tronは、ジュネーブモーターショー2019で初公開された『Q4 e-tronコンセプト』の市販型となる。これまでで最もカモフラージュが軽いプロトタイプからは、コンセプトとは異なるグラフィックを持つLEDデイタイムランニングライト、ヘッドライトのアウトラン、それに繋がるワイドなシングルフレームグリルを装備。バンパーコーナーには三角形のエアインテークも確認できる。

さらにスポーツカーのように傾斜したAピラー、キックアップするベルトライン、コンセプトモデルから反映された筋肉質のリアフェンダーも特徴的だ。

アウディ Q4 e-tron 市販型(スクープ写真)
リアエンドでは、アウディらしい角度のつけられたリアウィンドウ、突き出たルーフスポイラー、再設計されたLEDテールライトのグラフィックが見てとれる。キャビン内を撮影することはできなかったが、「予期せぬ広々とした快適さ」を持つ開放的な室内空間になるとアウディは発表している。

仕様は謎のままだが、VW『ID.3』や『ID.4』を支える「MEB」プラットフォームを採用、フロントに最高出力102hp、リアに204hpの電気モーターを搭載、システム合計出力は306hpに達する。コンセプトモデルでは、0-100km/h加速6.3秒、最高速度180km/h(電子リミッター作動)と発表されていたが、市販型のパフォーマンスが注目される。

航続距離は450km(280マイル)以上、最大125kWの急速充電により30以内で80%以上の充電が完了する。

Q4 e-tron市販型のデビューは今年後半に予定されており、ドイツにあるVWの「ツヴィッカウ工場」で生産されることが確定している。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》

この記事の写真

/

ピックアップ