台車枠亀裂などを早期に検知…JR東日本の新造新幹線車両に台車モニタリング装置 2023年春から順次使用

「台車モニタリング装置」の概要。
「台車モニタリング装置」の概要。全 1 枚写真をすべて見る

JR東日本は7月7日、2021年秋以降に落成する新造新幹線車両に、台車モニタリング装置を搭載すると発表した。

これは、台車の空気バネ圧力センサーと振動センサーを組み合わせて取得したデータを集約して演算。その結果を基に判定を行ない、異常とされた場合は運転士へ通知するというもの。

JR東日本では「このシステムを搭載することにより、台車枠亀裂等の異常を早期に検知し、これまで以上の信頼性を確保することができます」としており、既存車両への搭載については、その施工方法を検討するとしている。

なお、JR西日本でも北陸新幹線用車両に搭載するとしており、JR東日本とともに2023年春から順次使用を開始する予定。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 奥羽本線での運行を最後に引退した583系の見学ができるJR東日本秋田総合車両センターのオンライン見学会。秋田総合車両センターには先頭車のクハネ583-17が在籍している。
  • キハ40系が五能線へ投入されたのは1977年のことで、耐寒耐雪タイプの500番台が運用されている。
  • 小田原へ里帰りすることになった元小田原市内線の150形151号。大正生まれの貴重な路面電車だ。
  • 新快速(同型車)
  • JR九州版N700Sのエクステリアイメージ。裾部にJR九州のコーポレートカラーを使ったラインを入れて引き締めている。
  • 新冠~静内間を行くキハ160形気動車。日高本線用として1997年6月から運行を開始したが、ハイブリッド動力の試験に供与された後、2013年に廃車となった。2000年4月30日。
  • 阿佐海岸鉄道の気動車。DMV導入後は引退する。
  • 2015年1月、高波で被災した当時の日高本線厚賀~大狩部間。

ピックアップ

Response.TV