最後の石炭列車にちなんだデザイン…秩父鉄道が石炭運搬貨車の引退記念乗車券 7月11日から

乗車券部分は、駅発売分が「武川から影森まで」、通信販売分が「影森から武川まで」で、地色も異なる。
乗車券部分は、駅発売分が「武川から影森まで」、通信販売分が「影森から武川まで」で、地色も異なる。全 1 枚写真をすべて見る

埼玉県の秩父鉄道は、同鉄道で運用していた石炭運搬用貨車オホキ10000形の引退を記念した乗車券を、7月11日から発売する。

オホキ10000形は、1980年に登場。秩父鉄道では、秩父セメント(現・太平洋セメント)の私有貨車として運用されていた。石灰石やセメントなど、粒状の物資を運搬するホッパ車に分類されているが、1979年の第二次石油ショックを契機にセメント生成の原料を重油から石炭に転換するに際し、石炭運搬に使用。形式名は「ホキ10000形」だが、全長が12mを超えるホッパ車であることから、国鉄の貨物輸送基準規定により、頭に「オ」の標記が付けられた。

秩父鉄道では、JR貨物と連絡する三ヶ尻線熊谷貨物ターミナル~三ヶ尻間の石炭列車で運用されていたが、2月26日限りで廃止。オホキ10000形は国内で最後まで運用されていた石炭運搬貨車だった。

秩父鉄道の運転士が描いたというオホキ10000形のイラストをデザインした台紙にD型硬券乗車券1枚がセットになっており、発売額は820円。12月31日まで熊谷・武川・秩父の各駅と秩父鉄道の通販サイト「ちちてつe-shop」で発売されるが、売切れ次第終了となる。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 9月に釜石線と三陸鉄道に入線するJR東日本のトロッコ列車「びゅうコースター風っこ」。
  • 東京モノレールの1000形。安定輪が破損した形式は明らかにされていない。
  • 最も被害が大きい海浦~佐敷間の佐敷トンネルの状況(7月30日時点)。佐敷駅方の土砂崩れの流入部。
  • グランスタ東京「STATION RESTAURANT THE CENTRAL」(洋食レストラン)
  • 秩父鉄道の電気機関車と石灰石輸送用貨車。
  • 大村線を行く国鉄色のキハ66・67。今回は、水色をベースに側扉が赤く塗られた、いわゆる「シーサイドライナー」色車が一部引退する。
  • 通常は熊本~人吉間で運行されている『かわせみ やませみ』。
  • クラゲもいる小田急の“竜宮城”駅が完成…日没後にライトアップされる片瀬江ノ島駅

ピックアップ