USS中古車オークション、コロナ禍で出品台数18.1%減 2020年4-6月期

(イメージ)
(イメージ)全 1 枚写真をすべて見る

USSは7月6日、2021年3月期第1四半期(2020年4月1日~6月30日)の同社グループ中古車オークション実績(速報)を発表。コロナ禍の影響もあり、出品台数は前年同期比18.1%減の63万1691台と大幅な減少となった。

全18会場のオークション開催数は、前年同期と同じく12回。しかし、前年同期を上回ったのは新潟のみ。主力の東京は17.3%減の14万1725台、名古屋も同19.6%減の10万2615台と、大幅なマイナスとなった。大阪は同4.8%減の5万0144台の微減にとどまったが、神戸は34.0%減の1万5144台と全会場で最も減少率が高かった。

なお、成約台数は同25.7%減の34万2202台、成約率は同5.5ポイントダウンの54.2%だった。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 左から、UVeye車両下部撮影ユニット、車両下部撮影画、タイヤ・ホイール側面撮影画像
  • USS(ウェブサイト)
  • USS、オークション出品台数減少で減収減益 第3四半期決算
  • USSのホームページ(2016年10月)
  • BMW X3 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Sクラス 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW T7 市販型プロトタイプ(左)と現行モデルのT6(右)を捉えたスクープ写真

ピックアップ