新型コロナで延期の『SL「やまぐち」号』、8月1日から運行開始…C57 1が牽引

SL「やまぐち」号は所定ではD51 200が牽引するが、8月1日からの運転ではC57 1(手前)を充当する予定。
SL「やまぐち」号は所定ではD51 200が牽引するが、8月1日からの運転ではC57 1(手前)を充当する予定。全 2 枚写真をすべて見る

JR西日本は7月9日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴ない、2020年シーズンの運行開始が遅れていた山口線の『SL「やまぐち」号』を、8月1日から運行すると発表した。

11月22日までの土休日に運行され、牽引機にはC57形蒸気機関車1号機(C57 1)を充当する予定。指定券は7月10日10時からの発売となる。

なお、運行に際しては、窓を開放しての車内換気や空気清浄機の使用、アテンダントのマスク着用や定期的な手洗い、手指消毒、アルコール消毒液の設置を行なうとしており、3号車のゲームコーナーは使用中止となる。

JR西日本では「ご乗車の際または撮影や見学等でお越しの際は、可能な限りマスクを着用いただくなど、感染防止に向けたご協力をお願い致します」と呼びかけている。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV