ビーウィズ、モノラルパワーアンプ「P-100MC」発売 純銅製ボトム&サイドプレート採用で音質向上

ビーウィズ モノラルパワーアンプ「P-100MC」
ビーウィズ モノラルパワーアンプ「P-100MC」全 5 枚写真をすべて見る

ビーウィズは、小型高性能モノラルパワーアンプ「P-100シリーズ」の特別企画品「P-100MC」を7月9日より発売した。

P-100シリーズは、「1chにアンプ1台」、「スピーカー1本にアンプ1台」というこだわりのシステムプランを限られた車室内環境で実現する小型高性能モノラルパワーアンプ。今回発売するP-100MCは、この基本設計をベースに、肉厚の純銅製ボトム&サイドプレートをはじめとする専用のスペシャルパーツを投入し、音質チューニングを実施した特別企画品だ。

開発にあたっては、音づくりの原点に立ち戻り、高音質素材として純銅の無垢板をボトムプレート(底板)と左右のサイドプレート(端子面パネル)に採用。定評ある音響専用マグネシウム合金「MAGNEOLA」ボディと組み合わせることで、卓越したS/N感とより豊かな音楽表現力を獲得した。また、外装仕上げには純銅とのコントラストも魅力的な、マグネシウムの質感を活かしたジェットブラック焼き付け塗装仕上げを採用している。

定格出力70W。価格(税別)は6万8000円。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 上段左から8.8cmミッドレンジ「L-88RS」、16.5cmウーファー「L-165RS」、16.5cmウーファー「L-165RW」。下段左から16.5cmセパレート3ウェイシステム「リファレンスAM トリオS」、16.5cmセパレート2ウェイシステム「リファレンスAM デュオ165S」、8.8cmセパレート2ウェイシステム「リファレンスAM デュオ88S」※画像は同縮尺ではない
  • トヨタ車にカプラーオンで装着できるオーディオプロセッサー&スピーカー登場
  • 狭い車室内でも小型アンププロセッサーなら高音質を楽しめる!
  • トヨタ C-HRにトレードインスピーカー+DSPの装着でどう変わる?
  • メルセデスAMG C53 開発車両(スクープ写真)
  • ランドローバー レンジローバー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Sクラス 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ