トヨタ、被災地支援地図「通れた道マップ」を公開中…令和2年7月豪雨

熊本県津奈木町、7月7日
熊本県津奈木町、7月7日全 2 枚写真をすべて見る

トヨタ自動車は、「令和2年7月豪雨」により甚大な被害を受けている九州や岐阜、長野などで、実際に車が通行できた道路情報などを紹介する「通れた道マップ」をインターネット上で公開している。

「通れた道マップ」はプローブ情報をもとに、過去24時間の道路の通行実績を集計し、災害時に被災地の避難や救援のための移動を支援するもの。現在は、災害時情報提供中につき、直近3時間の通行実績、交通規制情報の他にTプローブ交通情報(渋滞・混雑)を表示している。

またホンダもインターナビ装着車から収集した走行軌跡データをもとに作成した「インターナビ通行実績情報マップ」をヤフー地図サイトに提供している。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • トヨタ ランドクルーザープラド TZ-G(ホワイトパールクリスタルシャイン)
  • トヨタ e-パレット
  • トヨタ GRヤリス RZ “High”(プロトタイプ)
  • 2019年シーズン、十勝スピードウェイで開催されたVitz Raceの一戦。
  • BMW M3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW T7 市販型プロトタイプ(左)と現行モデルのT6(右)を捉えたスクープ写真
  • メルセデスベンツ EQE 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • マセラティ クアトロポルテ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ