スマートドライブとモノフル、「着タイム」を共同開発 運行遅延を荷受側に自動通知

配車最適化ソリューション
配車最適化ソリューション全 1 枚写真をすべて見る

スマートドライブとモノフルは7月10日、運行計画からの遅延をリアルタイムで可視化・通知する機能「着タイム」を共同開発し、新サービスとして提供開始すると発表した。

着タイムは、リアルタイムに車両の現在地を把握し、到着予定時刻を算出し、配車計画に対する遅延情報および到着予定時刻を担当者にメールで通知する。従来は遅延が発生すると、ドライバーと運送会社、荷受け側との間で電話連絡を取り合う必要があった。新サービスにより遅延が自動通知されることで、荷受け側が時間を有効活用できるほか、運行計画の適宜変更によってスムーズな輸送が行えるようになる。

また、着タイムと、スマートドライブが提供する車両管理サービス「スマートドライブ フリート」および移動データ分析サービス「モビリティ データ アナリティクス」を連携させることで、配車計画・動態管理/遅延通知・実績管理・配車の最適化まで、物流におけるPDCAサイクルをワンストップで行えるようになり、物流業界向けにロジスティクス最適化ソリューションとして提供できるようになった。

両社はこれまでも、モノフルによるトラック長時間待機問題解消につながるサービス「トラック簿」の提供や、スマートドライブによる「スマートドライブ フリート」の提供など、物流業界の課題解決に取り組んできた。今後も、互いの技術やノウハウを活かし、物流・輸送サービスを支えるロジスティック・ソリューションの提供に努めていく。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ランドローバー レンジローバー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Sクラス 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW T7 市販型プロトタイプ(左)と現行モデルのT6(右)を捉えたスクープ写真
  • メルセデスベンツ EQE 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • マセラティ クアトロポルテ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 3シリーズ EV 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ