86駅分すべてをつなげるとJR北海道の路線図が完成…7月18日から新たな「ご当地入場券」

裏面が30分の1程度の地図となった「北の大地の入場券」。左は根室本線釧路駅、右は釧網本線釧路湿原駅のイメージ。
裏面が30分の1程度の地図となった「北の大地の入場券」。左は根室本線釧路駅、右は釧網本線釧路湿原駅のイメージ。全 3 枚写真をすべて見る

JR北海道は7月10日、「北の大地の入場券」を7月18日から発売すると発表した。

これは、2017年7月から2019年9月まで、北海道内各自治体の代表駅で発売していた「JR北海道わがまちご当地入場券」に続く、ご当地入場券企画第2弾。

前回のご当地入場券と同様、表面は各地の鉄道風景にちなんだデザインとなるが、裏面のデザインは「鉄道が北海道の街と街をつないでいる」ことをイメージして、JR北海道全13路線を縮尺30分の1程度の地図に分割したものとなっており、発売される86駅の入場券をすべてつなげるとJR北海道の路線図が完成する。

発売額は各200円(大人用のみ)で、枚数制限はないが、混雑時は1人1回5枚までの購入に制限されることがある。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 東京メトロ 有楽町線&副都心線用17000系
  • 解体工事が始まる前の新潟駅万代口駅舎(2020年4月)。60年以上の間、新潟の顔であり続けた。
  • 8月下旬に解体される旧原宿駅舎(2019年11月)。
  • 東武日光駅に入線したSL大樹 C11形207蒸気機関車
  • (イメージ)
  • 三次~下深川間が8月15日に再開する芸備線。写真は三次駅。
  • 2020年8月1日、東武鉄道南栗橋車両管区に入った元真岡鐡道のC11 325。『SL大樹』での運用は12月からだが、C11 207との2機態勢となるため『SL大樹「ふたら」』での運用も期待できる。
  • 6月に九州新幹線西九州ルートの武雄温泉駅を訪れ説明を受ける赤羽大臣(手前)。この時は山口知事との面談が実現しなかったが、知事は7月15日の会見で「協議の場を大切にしたい」と述べ、1対1の面談に応じないことを示唆している。

ピックアップ