コンチネンタルの新世代アンテナ、5G対応---欧州2社が2023年以降に車載化

コンチネンタルの5G対応の新世代インテリジェントアンテナ
コンチネンタルの5G対応の新世代インテリジェントアンテナ全 1 枚写真をすべて見る

コンチネンタル(Continental)は7月8日、新世代のインテリジェントアンテナを、欧州の自動車メーカー2社から受注した、と発表した。

コンチネンタルの新世代アンテナは、「インテリジェントアンテナモジュール」と呼ばれる。現在、車両の各部分に装着されているアンテナを、単一のハードウェアモジュールに集約しているのが特長だ。

このモジュールのプリント基板には、アンテナが組み込まれている。これにより、設置スペースを効率化でき、ルーフのフィン型アンテナなどが不要になる。5G対応で、多入力・多出力技術を採用しているため、複数のトランスミッターやレシーバーチャネルを介して、データを同時に転送できる。

また、このアンテナは「5GハイブリッドV2X」プラットフォーム上に構築されている。この5Gハイブリッドプラットフォームには、異なる「V2X(Vehicle to Everything:車車間通信・路車間通信)」技術を組み込んでいる。これにより、コネクテッドカーが、ドライバーと同乗者による最先端インフォテインメントへのアクセスを可能にする。また、他の車両やインフラと直接通信することにより、リアルタイムで交通情報やハザード情報を取得するだけでなく、未来を予測する安全支援機能を確保できるため、より安全で効率的な運転が可能になるという。

なお、コンチネンタルは、この新世代のインテリジェントアンテナは、欧州の自動車メーカー2社が2023年以降に発売する車両に搭載する予定、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • コンチネンタル本社(独ハノーバー)
  • コンチネンタルのパワートレイン部門のヴィテスコ・テクノロジーのブランドイメージ
  • コンチネンタルが車両のAIシステム開発用にエヌビディアの技術を導入した構築した自社のスーパーコンピューター
  • コンチネンタルの電動パワートレイン車向け専用タイヤに採用される「ContiSilent」テクノロジー
  • メルセデスAMG C53 開発車両(スクープ写真)
  • ランドローバー レンジローバー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Sクラス 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ