DSの平均CO2排出量、欧州プレミアムブランドで最少に…2020年上半期

DS3 クロスバック E-TENSE
DS3 クロスバック E-TENSE全 3 枚写真をすべて見る

DSは7月8日、2020年上半期(1~6月)に欧州で販売した新車の平均CO2排出量がプレミアムブランドで最も少ない79.9g/kmとなり、プレミアムブランドで唯一、2021年からの95g/kmのCO2排出量目標を達成した、と発表した。

今回の発表は、DSの電動化に対する継続的な取り組みの成果になる。DSは2019年以降、『DS 7クロスバック』にプラグインハイブリッド車(PHV)、『DS 3クロスバック』にEV、『DS 9』にPHVを設定してきた。

中でも、『DS 3クロスバックE-TENSE』は、DSブランド初のフルEVだ。同車には、最大出力136hp、最大トルク26.5kgmを発生するモーターを搭載し、0~50km/h加速3.3秒、0~100km/h加速8.7秒の性能を発揮する。バッテリーは蓄電容量50kWhのリチウムイオンだ。1回の充電での航続は、WLTPサイクルで320km、NEDCサイクルで430kmとした。

欧州では2021年から、新車の平均CO2排出量目標は、95g/kmに設定される。DSによると、新車の平均CO2排出量は競合他社を下回っており、110g/km以下のCO2排出量を達成している他のプレミアムブランドはないという。

DSは 2025年までに、CO2排出量をさらに削減することを目指しており、全車に電動パワートレイン車を用意する、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • DS 3クロスバックE-TENSE
  • DS3クロスバック
  • DS 3クロスバックE-TENSE
  • DS 7クロスバック E-TENSE
  • ポルシェ 911 GT3ツーリング 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 4シリーズカブリオレ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW iX5(仮)プロトタイプのスクープ写真
  • メルセデスAMG C53 開発車両(スクープ写真)

ピックアップ