日産、世界初アクティブトルクロッドの開発で自動車技術会賞を受賞

世界初「アクティブトルクロッド」
世界初「アクティブトルクロッド」全 2 枚写真をすべて見る

日産自動車は7月13日、自動車技術会主催の「第70回自動車技術会賞」にて、ブリヂストンなどと共同で行った「世界初アクティブトルクロッドの開発」が技術開発賞を受賞したと発表した。

エンジンダウンサイジングや、高圧縮比による燃焼速度の向上は、燃費を飛躍的に向上させる一方で、V6を代替可能な4気筒化は、エンジン加振力を増大させ、従来技術そのままで静粛性を改善する場合、マウント重量増となる対策が不可避となり、燃費効果が目減りする。

今回、技術開発賞を受賞した「世界初アクティブトルクロッドの開発」は、高周波で増大した加振力をトルクロッド本来の防振機能で低減し、その結果低下したロッド共振を、アクティブに制振することにより、これを解決。アクティブ機能では、線形特性に優れた世界初の慣性マスアクチュエータを開発し、速度比例の減衰付与を加速度センサ出力で実現し、燃費対応による加振力増大を軽量マウントで対応可能とした。今後ニーズの高まる車両の軽量化やさらなる低燃費化など、高次元での多性能両立の可能性を高めるものであることが高く評価された。

日産ではこのほか、「車室内の等価温度解析手法の開発」と「直噴ガソリンエンジンのPN低減技術に関する研究」が論文賞を受賞している。

自動車技術会賞は、1951年に自動車工学および自動車技術の向上発展を奨励することを目的として設けられ、自動車技術における多大な貢献・功績に対し授賞している。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV