公共交通関連データをオープン化へ 国交省が共通指針を策定

(イメージ)
(イメージ)全 2 枚写真をすべて見る

国土交通省は7月13日、公共交通分野における交通関連データのオープン化推進に向けて共通指針の策定に向けて議論するための検討会を7月15日に開催すると発表した。

国土交通省では、公共交通分野におけるオープンデータ化を推進し、利用者への情報提供の充実によって移動制約者や訪日外国人を含め、誰もがストレスフリーで移動できる環境や、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会での円滑な輸送実現を目指している。このため2017年5月に「公共交通分野におけるオープンデータ推進に関する検討会」がまとめた中間整理に基づき、池袋駅、品川駅の電子地図、施設情報について整備・提供し、他の情報と連携させたアプリ・アイデアを募集する実証実験を官民連携で実施した。

今回、7月15日に検討会を開催して、これまでの取り組みによって得られた成果を踏まえ、公共交通分野におけるオープンデータの推進におけるメリットや課題を整理するとともに、民間が主体的に恒常的なオープン化の推進をしていくにあたっての共通指針の策定について検討する。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 先進安全技術による被害低減効果予測のための、車両の衝突直前挙動に基づく傷害予測モデル
  • 令和2年7月豪雨で多くの車両が被災した(7月8日、球磨郡)
  • 6月に九州新幹線西九州ルートの武雄温泉駅を訪れ説明を受ける赤羽大臣(手前)。この時は山口知事との面談が実現しなかったが、知事は7月15日の会見で「協議の場を大切にしたい」と述べ、1対1の面談に応じないことを示唆している。
  • 新しいモビリティサービスの社会実装を目指す実証地域
  • BMW iX5(仮)プロトタイプのスクープ写真
  • メルセデスAMG C53 開発車両(スクープ写真)
  • ランドローバー レンジローバー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ