JR北海道、観光列車仕様の特急型気動車が完成…第一陣は「はまなす編成」 10月頃から運行予定

キハ261系5000番台の第一陣「はまなす編成」は5両編成。
キハ261系5000番台の第一陣「はまなす編成」は5両編成。全 3 枚写真をすべて見る

JR北海道は7月15日、観光列車仕様の特急型気動車の第一陣が完成したことを明らかにした。

この車両は、特急『おおぞら』『とかち』『北斗』に運用しているキハ261系1000番台をベースに新製したキハ261系5000番台で、普通座席のほか、多目的室兼個室やフリースペース、販売カウンターを備える。

塗色が異なる「はまなす編成」と「ラベンダー編成」の2編成が登場するが、今回完成した編成は「はまなす編成」で、10月頃からの運行を予定している。2編成目の「ラベンダー編成」については2021年4月頃から運行する予定。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ