日産 マーチ、衝突被害軽減ブレーキなど先進安全技術を全車標準装備

日産 マーチ
日産 マーチ全 19 枚写真をすべて見る

日産自動車はコンパクトカー『マーチ』を一部仕様向上、先進安全技術を全車標準装備として、7月16日より販売を開始した。

マーチは、1982年に初代モデルを発売して以来、38年の長きにわたり、多くのユーザーから支持を得ている。4代目となる現行モデルは、特徴的な丸いヘッドランプなど、歴代マーチのDNAである「フレンドリー」を継承したエクステリアや、ゆるやかな曲線が作りだすユニークな装いのインテリア、カラフルで多彩な11色のボディカラーなどが好評を得ている。

今回の一部仕様向上では、前方の状況を監視し、車両や歩行者との衝突回避・衝突による被害軽減を支援する「インテリジェント エマージェンシーブレーキ」や前進時には壁などの構造物だけでなく歩行者も検知、後退時にも障害物を検知し、アクセルペダルとブレーキペダルの踏み間違いによる前方・後方への急発進を抑制し、衝突回避を支援する「踏み間違い衝突防止アシスト」を全車標準装備とした。さらに、「ハイビームアシスト」や「LDW(車線逸脱警報)」などの先進安全技術も全車標準装備としたことで「セーフティ・サポートカーS<ワイド>(サポカーS<ワイド>)」に該当する。

ボディカラーのラインアップは、オレンジを刷新し、新色の「プレミアムホライズンオレンジ」とした。価格は128万9200円から170万2800円。

日産 マーチ日産 マーチ

また、オーテックジャパンも、マーチ「ボレロ」を一部仕様向上し、同日より発売した。

マーチ ボレロは、「エレガント」をテーマにマーチの内外装をトータルコーディネートしたモデルだ。エクステリアは、メッキ加飾をあしらったメッシュデザインのフロントグリルや、丸みを帯びたデザインの専用フロントバンパーを採用し、エレガントでおしゃれな雰囲気を演出。インテリアは、ボーダー柄のシート生地や、マーブル柄の専用センタークラスターフィニッシャー、さらにシルバーフィニッシャーなどを採用し、洗練された空間としている。

日産 マーチ日産 マーチ

今回の一部仕様向上では、ワインカラーでコーディネートした従来からの「ナチュラルグレーインテリア」に加え、シックで上品な「ブラックインテリア」を新たに設定。またボディカラーは、「チタニウムカーキ」と「ピュアブラック」を追加し、全5色の設定とした。

さらにベース車同様、各種先進安全技術を全車標準装備としたことで、「セーフティ・サポートカーS<ワイド>(サポカーS<ワイド>)」に該当する。

日産 マーチ日産 マーチ

価格は170万5000円。

《纐纈敏也@DAYS》

【画像】日産 マーチ、衝突被害軽減ブレーキなど先進安全技術を全車標準装備(19枚)
日産 マーチの燃費はこちら!

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 【トヨタ ランドクルーザー 新型試乗】乗り心地に懐かしさも、やっぱり個性的な車は楽しい…九島辰也
  2. 完成は10年後か 見えてきた外環道東京区間開通 陥没事故の工事区間に動きが
  3. 撤退したはずのフォード 今でも正規並みのサービスで新車購入が可能という事実
  4. トヨタ『GRカローラ』と『プリウスPHV』次期型は水素エンジン搭載か!? 登場時期は
  5. スバル、群馬製作所の操業停止を再度延長---9月22日まで
  6. レンジローバー スポーツ SVR、トヨタ プラド とチェイス…『007』最新作
  7. 運転免許の有効期限延長、対象を拡大---12月28日までの免許
  8. 世界中のオフローダーを熱くする! 4x4エンジニアリングの最強ホイール「ブラッドレー」に注目PR
  9. 新型「ランドクルーザー」の納期はなぜ長いのか あの地域との深い関係とは
  10. マツダ CX-5 改良新型、新写真を公開…欧州仕様[写真35点]
ランキングをもっと見る