レクサス NX に茶筅ホイールの特別仕様…一部改良、価格は454万6000円から

レクサスNX“Spice & Chic”
レクサスNX“Spice & Chic”全 15 枚写真をすべて見る

レクサスは、ミドルサイズのクロスーバーSUV『NX』を一部改良するとともに、2タイプの特別仕様車「Spice & Chic」および「Cool & Bright」を設定し、7月16日に発売した。

●レクサスNX“Spice & Chic”

「NX300h“I package”」「NX300“I package”」をベースにした、上質で都会的なスタイルを演出した特別仕様車。内装色としてクリムゾンカラーベースとブロンズカラーベースの専用カラーコーディネートを設定した。

クリムゾンカラーには、ブラック&クリムゾンの内装色にクリムゾンステッチとシルバーカラーのオーナメントパネルを組み合わせた。ブロンズカラーには、ブラックの内装色にブロンズカラーのオーナメントパネルやブロンズステッチを組み合わせた。

外装には、高輝度シルバー塗装のフロントロアバンパーモールやボディカラー同色のフェンダーアーチモールなどを採用し、都会的な印象を訴求した。ダークメタリック塗装とブロンズ塗装のアルミホイールを採用し、繊細で重厚な金属質感を表現した。ブラインドスポットモニターやリヤクロストラフィックアラートといった安全装備を標準設定。

価格は2.5L直列4気筒ハイブリッド2WD(FF)が552万3000円、同AWDが578万8000円、2.0L直列4気筒ターボ2WD(FF)が487万9000円、同AWDが514万4000円。ベース仕様に15万円のプラスとなっている。

レクサスNX“Cool & Bright”レクサスNX“Cool & Bright”●レクサスNX“Cool & Bright”

「NX300h“F SPORT”」「NX300“F SPORT”」をベースにした、スポーティでエレガントなデザインの特別仕様車だ。

内装にレクサスの走りの象徴である“F”から継承したブルーステッチをブラックシートにあしらうことで、スポーティさ強調した。外装には、ブラックスパッタリングアルミホイールを採用した。これは茶道の茶筅をモチーフとした、造形美と光のコントラストで、洗練された印象を与える。さらに、ボディカラー同色のフェンダーアーチモールを採用することで、スタイリッシュな印象を意図した。予防安全装備にはブラインドスポットモニターとリヤクロストラフィックアラートを標準設定した。

価格は2.5L直列4気筒ハイブリッド2WD(FF)が606万2000円、同AWDが632万7000円、2.0L直列4気筒ターボ2WD(FF)が541万8000円、同AWDが568万3000円。ベース仕様に20万円のプラスとなっている。リヤクロストラフィックアラートリヤクロストラフィックアラート

●一部改良

一部改良では予防安全装備やスマートフォン連携が充実した。全車にパーキングサポートブレーキ(静止物)[PKSB]を標準設定した。マルチメディアシステムがSmartDeviceLink、Apple CarPlayやAndroid Autoに対応。iPhoneやAndroidスマートフォンを10.3インチワイドディスプレイに連携することで、リモートタッチによる画面操作や音声操作が可能になる。

価格はNX300h2.5L直列4気筒ハイブリッド2WD(FF)が519万~586万2000円、同AWDが544万5000~612万7000円、2.0L直列4気筒ターボ2WD(FF)が454万6000~521万8000円、同AWDが481万1000~548万3000円。

《高木啓》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV