ドライブレコーダー出荷台数が大幅マイナス 2020年4-6月期

ドライブレコーダーの例:データシステム DVR3400の映像
ドライブレコーダーの例:データシステム DVR3400の映像全 2 枚写真をすべて見る

電子情報技術産業協会とドライブレコーダー協議会が7月20日に発表した2020年度第1四半期(4~6月期)のドライブレコーダー国内出荷実績は前年同期比34.9%減の70万4872台と大幅マイナスとなった。

ドライブレコーダーは「あおり運転」による悪質な事件が相次いだことから、その証拠を保存できるドライブレコーダーの需要は急増していた。新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)感染拡大の影響で、新車需要が低迷したことから、ドライブレコーダーの出荷台数も大幅に落ち込んだ。

出荷実績はアイ・オー・データ機器、アルパイン、JVCケンウッド、デンソー、デンソーテン、パイオニア、パナソニック、三菱電機、矢崎エナジーシステム。ユピテル、TCL、コムテックのドライブレコーダー出荷実績をまとめた。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 事故解析イメージ
  • ケンウッド DRV-350DC
  • 業務用2カメラ一体型ドライブレコーダー「D535L」
  • 通信型ドライブレコーダーの概要
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ホンダ シビックタイプR 次期型予想CG
  • Lynk & Co 01 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X8 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV