【MotorTrend】1933年式フォード・モデルB 後編 お待たせしました!連休の退屈はこれでしょ!...ファスト&ラウド

ファスト&ラウド

100年近くも昔のピックアップトラックはやっぱり容赦なかった

【MotorTrend】1933年式フォード・モデルB 後編 お待たせしました!連休の退屈はファスト&ラウドでお楽しみください!
【MotorTrend】1933年式フォード・モデルB 後編 お待たせしました!連休の退屈はファスト&ラウドでお楽しみください!全 11 枚写真をすべて見る

ファスト&ラウド
100年近くも昔のピックアップトラックはやっぱり容赦なかった

さて、久しぶりのファスト&ラウドは、1933年式フォードモデルBの後編をご紹介。いやいや大変お待たせしてしまったので、少しだけ前回のあらすじをご紹介。ツーリング途中に立ち寄ったブライアン・バスのガレージで見つけた1933年式フォード・モデルBを購入。100年近くも昔のピックアップトラックを2週間で蘇らせるという気違い同然のスケジュールに挑むガス・モンキークルーだったが...。

ホットロッドの王道といえばまさにこれ!と言っても過言ではない1930年代のフォードのピックアップトラック。アメリカではいつの時代でもトラックというだけで重宝される上、さらにV8エンジン搭載というキャラクターは強烈なインパクトを残した。リチャードはこのモデルBをえらくお気に入りの様子。ブライアンの希望としては、あくまでこのキャラクターを活かし、売らないでアートとして店に置いてほしいという。確かにそれも有りだが、レストアが上手く行けば売って利益を得たいとリチャードは考える。経営者としては当然後者の考えもわかるが、ブラインアンの案も悪くはない。どちらの案も実に捨て難い。

作業開始して早速お決まりの問題が勃発。新たに載せ替えるために届いたエンジンが、モデルBのエンジンルームに入らないことがわかった。さらに荷台に関しても修復工程について意見が割れた。底板を溶接してサビを落としてオリジナル感を残すか、それとも車の雰囲気は壊すが、ライナーを入れて機能性を高めるか。人のこだわりというのは実に面白い。さてフィニッシュは一体どんな姿を見せてくれるのか?続きはぜひDplayで!【レスポンス副編集長 吉澤憲治】

Dplayのプレミアムプランで観る

続きはDpalyで!クルマ番組が見放題なのはプレミアムプランだけ!

今だけお得に楽しめるチャンス!Dplayを詳しく知りたい方はこちらをクリック↓

Dplayのプレミアムプランで観る

TOP

《吉澤憲治》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV