FCAとグーグル「ウェイモ」、自動運転の提携を拡大…商用車の分野にも

FCAのラムブランドの商用車
FCAのラムブランドの商用車全 3 枚写真をすべて見る

FCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)とグーグル(Google)の自動運転車部門のウェイモは、自動運転の分野における提携を拡大すると発表した。

FCAは2016年、グーグルと自動運転車のプロジェクトで提携を結んだ。FCAのエンジニアとグーグルのエンジニアが協力し、最新の自動運転技術の自動車への搭載について、協業を進めてきた。すでにFCAからウェイモに対して、クライスラーブランドのハイブリッドミニバンベースの自動運転テスト車両が納入されている。

今回の提携拡大では、乗用車に続いて、商用車の分野でも両社が自動運転で協業する。FCAのラムブランドの商用車に、ウェイモのレベル4の自動運転技術「L4 Waymo Driver」を組み込み、小型商用車の自動運転を可能にすることで、顧客のニーズに応えていく。

なお、FCAは、レベル4の自動運転テクノロジーの独占的かつ戦略的なパートナーとして、ウェイモを選択した。ウェイモは、FCAの全製品ラインナップに、レベル4の自動運転テクノロジーを展開することを目指す。

ウェイモのジョン・クラフチックCEOは、「FCAのブランドの全体にWaymo Driverを導入し、世界中の配車サービス、商用配送、個人向け車両の新しいフロンティアを切り開く」と述べている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV