米ホンダ、現行 ゴールドウイング に「Android Auto」採用…ソフト更新で既納客も利用可能

ホンダ・ゴールドウイング(米国仕様)
ホンダ・ゴールドウイング(米国仕様)全 2 枚写真をすべて見る

ホンダ(Honda)の米国部門は7月24日、二輪車の『ゴールドウイング』シリーズに、グーグル(Google)の「Android Auto」を採用した、と発表した。

グーグルのAndroid Autoは、シンプルなインターフェイスと音声入力機能を通じて、ライダーが運転に集中できるように開発された。「Googleアシスタント」を利用することにより、ライダーはハンドルバーから手を離すことなく、お気に入りの音楽やメディア、メッセージアプリに簡単にアクセスできる。

ゴールドウイングは1975年、米国で『ゴールドウイング GL1000』を発売して以来、40年以上にわたってホンダのフラッグシップモデルとして進化してきた。2017年10月に北米で発表された現行モデルは、Appleの「Car Play」を二輪車として初採用した。快適なライディングをアシストするナビゲーション機能をはじめ、アプリケーションに特化したサービスを備えている。

米ホンダは、このゴールドウイングシリーズに、Android Autoを採用した。今後販売される新車だけでなく、すでに現行ゴールドウイングシリーズを所有している顧客でも、ソフトウェアの更新によって、音楽再生やナビゲーション機能、通話やメッセージ機能など、シームレスにつながる各種アプリケーションサービスが利用できる、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ヤマハ YPJ-MT Pro に試乗する青木タカオ氏
  • ロードエイドネットワーク清水豊 代表理事。
  • ホンダ CBR600RR 新型
  • MVアグスタ・スーペルヴェローチェ(東京モーターサイクルショー2019)
  • ホンダ フォルツァ
  • ホンダ X-ADV
  • トライアンフ「トライデント・コンセプト・プロトタイプ」
  • 「LMWアッカーマン・ジオメトリ」を採用するヤマハ トリシティ300 ABS

ピックアップ

Response.TV