自動車用衝突防止センサー技術を活用した、踏切障害物検知装置…デンソーウェーブが発売

新型踏切障害物検知装置 ZD-LS200RX
新型踏切障害物検知装置 ZD-LS200RX全 3 枚写真をすべて見る

デンソーウェーブは、自動車用衝突防止センサー技術をベースにした新型踏切障害物検知装置「ZD-LS200RX」を8月1日から発売する。

ZD-LS200RXは、デンソーの自動車用センサー技術をもとに、2017年から近鉄と共同で踏切障害物検知装置向けの開発を始め、研究と実証を進めてきたものだ。装置内のCPUを二重化して相互監視を強化し、万が一CPUの一方に不調が発生した場合でも、もう一方のCPUでエラーを認識できるフェールセーフ性を向上。これにより鉄道総合技術研究所の安全性評価を受審しており、踏切における安心・安全対策に貢献する。

また従来、レーザーセンサーはレーザー光を照射し、反射光を測定して物体の有無を判断しているため、光の吸収率が高い黒色や、表面が鏡面仕上げのような物体の場合は十分な反射光量が得られず、センサーで検知しづらいという課題があった。

これらの課題に対し、ZD-LS200RXは、検知対象エリアの中に高反射素材製のポールを設置し、常時検知することで対応する。黒色の車両等の反射光量を得られない物体が検知エリア内に侵入した時は、このポールが検知できなくなり、エリア内の侵入物が存在すると判断する仕組みを構築。この特許取得技術により検知率を向上し、さらなる安全を実現する。

新製品は8月1日から販売を開始し、2021年度の売上台数は220台を想定。今後は鉄道向け信号メーカーとも協力し、鉄道事業者各社へ提案し、活用・導入の場を広げていく予定だ。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 解体工事が始まる前の新潟駅万代口駅舎(2020年4月)。60年以上の間、新潟の顔であり続けた。
  • 8月下旬に解体される旧原宿駅舎(2019年11月)。
  • 東武日光駅に入線したSL大樹 C11形207蒸気機関車
  • (イメージ)
  • 三次~下深川間が8月15日に再開する芸備線。写真は三次駅。
  • 2020年8月1日、東武鉄道南栗橋車両管区に入った元真岡鐡道のC11 325。『SL大樹』での運用は12月からだが、C11 207との2機態勢となるため『SL大樹「ふたら」』での運用も期待できる。
  • 6月に九州新幹線西九州ルートの武雄温泉駅を訪れ説明を受ける赤羽大臣(手前)。この時は山口知事との面談が実現しなかったが、知事は7月15日の会見で「協議の場を大切にしたい」と述べ、1対1の面談に応じないことを示唆している。
  • 9月に釜石線と三陸鉄道に入線するJR東日本のトロッコ列車「びゅうコースター風っこ」。

ピックアップ