スマートの次世代EV、ブランド初のプレミアムBセグメント車に…2022年発売へ

現行スマート EQ フォーツー (参考)
現行スマート EQ フォーツー (参考)全 3 枚写真をすべて見る

メルセデスベンツ(Mercedes-Benz)は7月27日、傘下のスマートブランドの次世代EVの販売に向けて、ドイツに「スマート・ヨーロッパ」を設立すると発表した。

メルセデスベンツは2020年1月、中国の浙江吉利控股集団(ジーリー)との間で、次世代スマートのEVを共同開発するための折半出資の合弁会社、「スマート・オートモービル」を設立した。

スマート・オートモービルが開発している次世代スマートのEVは、2022年に発売される予定。中国に新たに建設する電動車専用工場で組み立て、世界市場に投入する計画だ。

スマート・ヨーロッパは、欧州市場で将来のスマート車の供給、販売、サービスを行う完全子会社となる。国際チームとともに、ヨーロッパ市場における次世代のスマート製品のすべてのセールス、マーケティング、アフターセールス活動を担当する。

なお、スマートは2022年に発売する次世代のEVについて、ブランドが初めて、プレミアムBセグメントに参入するモデルになる、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • スマート EQ フォーツー・クーペ 改良新型
  • スマート EQ フォーツー・クーペ 改良新型
  • スマートのEVを生産しているメルセデスベンツのフランス・ハムバッハ工場
  • ブラバス・アルティメートEフェイスリフト
  • ポルシェ マカンEV 開発車両(スクープ写真)
  • BMW i4M プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 M40i 改良新型プロトタイプ(写真右)。左はX4のプロトタイプ
  • ポルシェ 911 GT3 RS 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV