滋賀県の近江鉄道に7年ぶりの新形式車…黄色い元西武3000系が水色の300形に 8月1日運行開始

300形は301+1301の2両編成1本が導入される。車体色は琵琶湖をイメージしたもの。
300形は301+1301の2両編成1本が導入される。車体色は琵琶湖をイメージしたもの。全 6 枚写真をすべて見る

滋賀県の近江鉄道は7月29日、300形の運行を8月1日に開始すると発表した。

300形は西武鉄道(西武)3000系を譲り受けた車両で、近江鉄道としては2013年に登場した100形以来、7年ぶりとなる新形式車。近江鉄道への入線に際しては、塗色を西武時代の黄色から、100形と同じ「オリエントブルー」と呼ばれる水色に変更。ワンマン化改造や行先表示器の白色LED化などが施された。また、車内は側扉上に近江鉄道の車両としては初めて車内案内表示器が設置され、バリアフリー対応も図られている。

近江鉄道全線で運用されるが、初日は彦根16時56分発~米原17時7分着・17時22分発~近江八幡18時29分着・18時44分発~八日市19時3分着・19時10分発~近江八幡19時29分着・19時44分発~八日市20時3分着の時刻で運行。8月2日は朝・夕時間帯、8月3日は午前中に運行される予定。

なお、運行開始を記念して8月中には記念ヘッドマークを掲出。八日市駅(滋賀県東近江市)では8月1日から、記念クリアファイル(300円)や記念ガラスキーホルダー(500円)といった記念グッズも発売される(8月1日は「鉄道むすめ新グッズ販売会in豊郷小学校旧校舎群」イベントでも発売)。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 解体工事が始まる前の新潟駅万代口駅舎(2020年4月)。60年以上の間、新潟の顔であり続けた。
  • 8月下旬に解体される旧原宿駅舎(2019年11月)。
  • 東武日光駅に入線したSL大樹 C11形207蒸気機関車
  • (イメージ)
  • 三次~下深川間が8月15日に再開する芸備線。写真は三次駅。
  • 2020年8月1日、東武鉄道南栗橋車両管区に入った元真岡鐡道のC11 325。『SL大樹』での運用は12月からだが、C11 207との2機態勢となるため『SL大樹「ふたら」』での運用も期待できる。
  • 6月に九州新幹線西九州ルートの武雄温泉駅を訪れ説明を受ける赤羽大臣(手前)。この時は山口知事との面談が実現しなかったが、知事は7月15日の会見で「協議の場を大切にしたい」と述べ、1対1の面談に応じないことを示唆している。
  • 9月に釜石線と三陸鉄道に入線するJR東日本のトロッコ列車「びゅうコースター風っこ」。

ピックアップ