豊田合成、新型コロナ減販影響で営業赤字98億円 2020年4-6月期決算

レクサスLMのグリルは豊田合成が生産する(上海モーターショー2019)。
レクサスLMのグリルは豊田合成が生産する(上海モーターショー2019)。全 2 枚写真をすべて見る

豊田合成は、2020年4~6月期(第1四半期)の連結決算を発表。新型コロナウイルスによる減販影響により98億円の営業赤字となった。

売上収益は、中国における主要顧客の自動車生産台数の増加はあったものの、その他の地域全般で新型コロナウイルスによる減販影響等があり、前年同期比46.9%減の1112億と大幅な減収となった。利益については、緊急収益対策の実施に加え、昨年12月にドイツの生産子会社を連結から除外したことによる反動等はあったものの、新型コロナウイルスによる減販影響が大きく、営業損失98億円(前年同期は78億円の利益)、税引前損失103億円(同80億円の利益)、純損失は43億円(同37億円の利益)となった。

未定としていた通期業績見通しは、売上収益6900億円(前期比15.1%減)、営業利益180億円(同0.6%増)、税引前利益180億円(同11.8%増)、純利益80億円(同28.7%減)とした。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • i-Landに搭載されたLED発光エンブレム
  • 廃材を活用した商品(一例)
  • マイクロ波給電(Cota)が実現する未来
  • 深紫外LED光源モジュール
  • メルセデスベンツ EQS 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ RS3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q4 e-tron 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ