あいおいニッセイ同和損保、自動運転走行分が無料となるテレマティクス保険を開発

自動運転モード利用による保険料割引
自動運転モード利用による保険料割引全 1 枚写真をすべて見る

あいおいニッセイ同和損保は、テレマティクス自動車保険「タフ・つながるクルマの保険」にて、「自動運転モード」で走行中の保険料を無料とする国内初の自動車保険を開発。2020年10月(2021年1月以降保険始期契約分)より提供を開始する。

同社は、2018年4月にコネクティッドカーを対象とする「タフ・つながるクルマの保険」、2020年1月に通信機能付きドライブレコーダー端末による「タフ・見守るクルマの保険プラス」という国内初の運転挙動保険料反映型テレマティクス自動車保険を発売してきた。今回、自動運転技術の安全性を保険料に反映することで自動運転車の普及と活用促進を後押しすべく、自動運転走行中の運転分保険料を無料とする、国内初の「自動運転対応テレマティクス自動車保険」を開発した。

タフ・つながるクルマの保険の保険料は、走行距離や運転特性にかかわらず払い込んでもらう「基本保険料」と毎月の走行距離および運転特性に応じて変動する「運転分保険料」で構成。毎月の走行距離と運転特性(速度超過・急加速・急減速)に応じて保険料割引を適用している。

今回開発した「自動運転対応テレマティクス自動車保険」では、コネクティッドカーから取得する走行情報をもとに「自動運転モード」の利用状況を正確に把握。これにより、自動運転モード利用時の運転分保険料を無料とする取り扱いを実現した。

無料化の対象となるのは、システムが運転主体となる「レベル3」以上の自動運転モード。例えば、基本保険料9万7200円と運転分保険料(年間走行距離1万2000km)1万8840円で、自動運転モードで6000km走行した場合、運転分保険料は9480円オフの9360円となる。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV