トヨタ カムリ、40周年記念特別仕様車を発売…一部改良で安全装備も強化

トヨタ カムリ WS ブラックエディション(アティチュードブラックマイカ×ダークブルーマイカメタリック)
トヨタ カムリ WS ブラックエディション(アティチュードブラックマイカ×ダークブルーマイカメタリック)全 17 枚写真をすべて見る

トヨタ自動車は、ミドルサイズセダン『カムリ』を一部改良するとともに、カムリ誕生40周年を記念した特別仕様車「WS ブラックエディション」を設定し、8月5日より販売を開始した。

1980年、国内専用モデル『セリカ・カムリ』として誕生したカムリは、1982年に車名をカムリとして一新し、世界戦略車として展開され、今まで、100か国以上の国や地域で販売している。

今回、カムリ誕生40周年を記念し、上質でスポーティな特別仕様車を設定した。上級グレードの「WS」をベースに、特別設定としてプレシャスブラックパールのボディカラーに、パーフォレーション(一定間隔に開けられている打ち抜き穴)加工を施したレッドの本革シートを設定したほか、ブラック塗装の18インチアルミホイール、スモーク調のフロントロアグリルモールディング、スモークエクステンション加飾を施したヘッドランプ、リヤコンビネーションランプを特別装備する。

さらに、フロント席にシートヒーターを採用するとともに、助手席にも、パワーシートを設定し、快適にドライビングを楽しんでもらう仕様としている。

また今回の一部改良では、駐車場などでのアクセルとブレーキの踏み間違いやアクセルの踏み過ぎなどで起こる衝突被害の軽減に寄与するインテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]を、従来型でオプション設定だった「X」グレードに標準設定し、全車標準装備。ドライバーの死角をサポートするブラインドスポットモニター<BSM>、リヤクロストラフィックオートブレーキ[パーキングサポートブレーキ(後方接近車両)]の標準設定を「WS」、「G」グレードに拡大し、安全面を強化している。

価格は348万5000円から464万8000円。特別仕様車WS ブラックエディションはFFが420万8000円、4WDが440万6000円。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV