東武の新SL列車は「SL大樹『ふたら』」…10月3日から日光駅乗入れ、月1運行

2020年8月1日、東武鉄道南栗橋車両管区に入った元真岡鐡道のC11 325。『SL大樹』での運用は12月からだが、C11 207との2機態勢となるため『SL大樹「ふたら」』での運用も期待できる。
2020年8月1日、東武鉄道南栗橋車両管区に入った元真岡鐡道のC11 325。『SL大樹』での運用は12月からだが、C11 207との2機態勢となるため『SL大樹「ふたら」』での運用も期待できる。全 3 枚写真をすべて見る

東武鉄道(東武)は8月5日、東武日光駅(栃木県日光市)へ乗り入れる新たなSL列車の名称を「SL大樹『ふたら』」に決定したことを明らかにした。

「ふたら」の名は「『日光』の地名の由来ともなった男体山のかつての呼び名、『二荒山(ふたらさん)』」にちなんだもので、10月以降に月1回、下今市~東武日光間で運行する予定。

初回は10月3日に東武トップツアーズが催行するツアー列車として運行される。編成は通常の『SL大樹』と同じだが、往路の東武日光行きはC11 207が、復路の下今市行きはディーゼル機関車が先頭となる。全区間の所要時間は17~23分程度。

なお、『SL大樹「ふたら」』の列車名発表を記念して、8月10日から9月9日まで東武線内の55駅で、4枚1組の記念乗車券が計3000セット発売される。発売額は1000円で、1人5セットまで購入できる。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • この年末年始から青函トンネルでの210km/h走行が始まる北海道新幹線。
  • DMV導入により引退することになった、阿佐海岸鉄道の気動車。
  • 嬉野(うれしの)温泉駅(仮称)付近の建設現場。
  • 静岡県と長野県の県境にかかる、被災直後の飯田線小和田~中井侍間。
  • 福島駅で発車を待つ郡山方面への東北本線普通列車。9月24日は15時頃からの減便が計画されている。
  • 「ありがとう万代口駅舎」惜別プロモーションのメインビジュアル。
  • かつてのキハ400・480形に使われていた宗谷線急行色となったキハ40 1747.
  • 9月11日の運行開始に際し、京都駅31番のりばで行なわれた『WEST EXPRESS 銀河』の出発式。

ピックアップ