山手線旧原宿駅は8月下旬から解体…撤去後には旧駅舎の欧風を再現した建物が登場

8月下旬に解体される旧原宿駅舎(2019年11月)。
8月下旬に解体される旧原宿駅舎(2019年11月)。全 3 枚写真をすべて見る

JR東日本東京支社は8月7日、山手線の旧原宿駅舎を建て替えることを明らかにした。

旧原宿駅舎は大正時代の1924年に建てられた木造2階建ての駅舎で、三角屋根に風見鶏の尖塔が付いた「ハーフティンバー様式」と呼ばれる欧風のデザインを採り入れた、東京都内でも有数の歴史的な建築物だった。

しかし、防火地域である周辺に適していないことを理由に、2020年に予定されていた東京オリンピック・パラリンピック終了後の解体が決定し、3月21日には新駅舎の供用を開始していた。

東京オリンピック・パラリンピックは2021年に延期となったが、解体は8月下旬から始められることになり、撤去後には新駅舎の東隣に旧駅舎のハーフティンバー様式などを可能な限り再現した建物が建てられる。

この建物には防火地域に適した材料が用いられ、JR東日本東京支社では新たな建物を通して「まちの個性を活かしたにぎわい集う拠点づくりを進めます」としている。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV