運転席無人の自動運転大型バス、営業運行の実証実験へ 相鉄バスなど

自動運転大型バス
自動運転大型バス全 2 枚写真をすべて見る

相鉄グループの相鉄バスと群馬大学、日本モビリティは8月6日、運転席無人の自動運転大型バスの営業運行の実証実験を2020年度に実施すると発表した。

相鉄バスと群馬大学は昨年9月14日から10月14日まで、自動運転大型バスを使用した営業運行を実施し、16日間で4907人が乗車した。

また、相鉄バスと群馬大学、日本モビリティは遠隔監視・操作が可能な自動運転大型バスを開発し、2020年7月27日に相鉄バスの旭営業所(横浜市旭区)内で、7月29日には、よこはま動物園正門と里山ガーデン正面入口を結ぶ約900mで実証実験を実施した。

今回、この「遠隔監視・操作システム」を搭載した大型運転バスを使用して、営業運行の実証実験を2020年度中に実施する。具体的な時期や運行ルートは未定。

遠隔監視・操作システム遠隔監視・操作システム

3者は今後もさまざまな実証実験を通じ、自動運転に対する社会的な受容性向上を図るとともに、公共交通機関網強化の可能性を検証し、自動運転「レベル4」(限定地域での完全自動運転)による営業運転を目指す。

《レスポンス編集部》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. ホンダ、3列シートの小型SUV『BR-V』新型を発表…インドネシア
  2. 幻の日産「MID4」がついに現実に!? 謎のアルピーヌ開発車両をスクープ
  3. フォード ブロンコ 新型に高性能な「ラプター」、2022年に登場へ
  4. 北米SUVオブザイヤー2022、日産やジープが残る…第2次選考9車種
  5. 【あと24時間アンケート】スバル WRX 新型…第一印象おしえて
  6. 21世紀に開業、SLや新幹線もあった…来春に廃止の方向、函館本線流山温泉駅
  7. 【スズキ ワゴンRスマイル 新型試乗】スライドドアだけじゃない、ひと味違う「こだわりワゴン」…島崎七生人
  8. マセラティの新型SUV『グレカーレ』、11月16日発表
  9. 世界中のオフローダーを熱くする! 4x4エンジニアリングの最強ホイール「ブラッドレー」に注目PR
  10. ホンダ シビック 新型、日本にない2.0リットル自然吸気エンジン設定…米国発売
ランキングをもっと見る