フィアット 500 ツインエア、3種の花をモチーフとした限定車発売へ

フィアット 500 スーパーポップ・フィオーレ
フィアット 500 スーパーポップ・フィオーレ全 8 枚写真をすべて見る

FCAジャパンは、フィアット『500』に花をモチーフとした限定車「500 スーパーポップ・フィオーレ」を設定し、8月29日より75台限定で発売する。

「Fiore(フィオーレ)」はイタリア語で花を意味する言葉。限定車はイタリアの街角で目にすることの多いゼラニウム、ジャスミン、グリーンカーネーションの3種の花をモチーフとし、花のある生活が心に彩りを与えてくれるように、毎日を明るく、明日も楽しくといった想いが込められている。

500 スーパーポップ・フィオーレを象徴する特製ステッカーは、500のボディカラーをモチーフとしたもの。ゼラニウムは赤を、ジャスミンは白、そしてグリーンカーネーションは緑を彩り、イタリアのトリコローレを織り成す。限定車にはこの専用ステッカーが車体のフロントフェンダーと、室内のインストルメントパネルにあしらわれる。

ベース車は、最高出力85psの875cc 2気筒ターボエンジンを搭載する「500 ツインエア ポップ」。ツインエンジン特有のビートが効いたエンジンフィールと、24.0km/リットル(JC08モード)の低燃費が特徴だ。インテリアには、ボディ同色でコーディネイトされたダッシュボードパネルや、丸みを帯びたインテリアデザイン、Apple CarPlay/Android Autoに対応したオーディオプレイヤーが備わり、楽しい気分を盛り上げてくれる。

ボディカラーはボサノバ ホワイト(限定35台)、パソドブレ レッド(同20台)、ミント グリーン(同20台)の3色を用意。価格はベース車より12万円安価な229万円とした。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV