トヨタ紡織、刈谷本社・新本館の稼働開始…グローバル本社機能を強化

トヨタ紡織、刈谷本社・新本館
トヨタ紡織、刈谷本社・新本館全 4 枚写真をすべて見る

トヨタ紡織は、2020年5月に竣工した刈谷本社 新本館の稼働を8月17日より開始した。

新本館は地上6階建てで、延床面積1万2800平米。外装には「紡ぎ・織り」をイメージした日射遮蔽性の高いスクリーンを、ロビーなどの内装には、 ファブリックスクリーンを施し柔らかさを演出し、同社の原点である繊維をイメージした。

社内にはディスカッションエリアやテラス席などを設置。普段とは違う環境でアイデアを生み出せる場を提供する。また、テレワークの活用を積極的に推奨し、フリーアドレスの採用など、場所を選ばずより効率的で生産性の高い働き方ができる環境を整備した。

環境面では、自然採光や自然換気、屋上緑化、地中熱の利用など自然エネルギーを積極的に活用したシステムを導入。また、人の生体リズムに合わせ、朝・昼・夕方で調光調色する照明や、気流のない空気式放射空調システムなど、最先端の省エネルギーシステムを導入した健康増進型オフィスとした。さらに、電源・給水供給機能などを備え、災害時には地域社会の防災拠点としても活用できるオフィスとした。

トヨタ紡織では新本館の稼働開始により、コーポレート機能を集約し、グローバルの経営基盤をさらに強固なものにするとともに、社内外との連携強化の拠点として活用することで、成長戦略の実現に向けた取組みを加速させていく。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV