ジープ ラングラー に初のPHV、「4xe」…近い将来設定へ

ジープ・ラングラー・アンリミテッド (参考)
ジープ・ラングラー・アンリミテッド (参考)全 4 枚写真をすべて見る

FCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)のジープブランドは8月22日、『ラングラー』(Jeep Wrangler)に初のプラグインハイブリッド車(PHV)の「4xe」(フォーバイイー)を近い将来、設定すると公式ツイッターを通じて発表した。

4xeは、ジープブランドのPHVに冠される名称だ。すでに、『レネゲード』初のPHVの『レネゲード4xe』と、コンパス初のPHVの『コンパス4xe』が用意されている。両車が、ジープブランドにとって初のPHVだ。ジープは今後、4xeの名称をPHVに広く使用していく。

レネゲード4xe とコンパス4xe のPHVシステムは、1.3リットル直列4気筒ガソリンターボエンジン(最大出力は130hpまたは180hp、最大トルク27.5kgm)にモーター(最大出力60hp、最大トルク25.5kgm)を組み合わせて、システム全体で190hpまたは240hpのパワーを引き出す。

エンジンが前輪、モーターが後輪駆動する「eAWD」システムを搭載する。トランスミッションは新開発の6速ATを組み合わせた。0~100km/h加速は7.5秒、最高速は200km/hの性能を発揮する。

バッテリーはリチウムイオンで、蓄電容量は11.4kWhだ。EVモードでは、最大でおよそ50kmをゼロエミッション走行できる。EVモードの最高速は130km/hとした。CO2排出量は50g/km以下と、高い環境性能を備えている。

ジープは、レネゲードとコンパスに続いて、ラングラーにもPHVの4xeを拡大展開する計画だ。『ラングラー4xe』は近い将来、発表される予定。ジープが公開した同車のティザー映像からは、4ドアの「アンリミテッド」をベースにしたラングラー4xeの姿が見て取れる。

《森脇稔》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV