【アウディ S8 新型発売】48Vマイルドハイブリッド搭載、価格は2010万円

アウディ S8 新型
アウディ S8 新型全 7 枚写真をすべて見る

アウディジャパンは、フラッグシップセダン『A8』シリーズの高性能モデル『S8』を8月25日より発売する。

パワートレーンは、最高出力571ps、最大トルク800Nmを発揮する4リットルV8ツインターボエンジンと8速ティプトロニックトランスミッションの組み合わせ。圧倒的なパワーをクワトロフルタイム4WDが路面に伝える。新型S8は、48VリチウムイオンバッテリーとBAS(ベルト オルタネーター スターター)を中核技術とするマイルドハイブリッドドライブシステム(MHEV)を搭載。48Vという電圧を背景に、エナジーリカバリーシステムにより、高いエネルギー回収効率を実現する。また、減速および惰性走行時には、シリンダーオンデマンド(Cod)によりエンジンを停止して燃費を改善する。

エクステリアでは、S8専用デザインの前後バンパーをはじめ、4本出しの楕円エキゾーストフィニッシャー、9J×21の5ダブルスポークデザインアルミホイールを装備し、ハイパフォーマンスを演出。インテリアはカーボンのデコラティブパネルや、バルコナレザーを用いたスポーツシートを採用するなど、スポーティさと上質さを高い次元で両立している。

シャシーは、プレディクティブアクティブサスペンションを搭載。レーザースキャナーやカメラセンサーを用い、路面の凹凸を先読みし、サスペンションストロークをアクティブ制御する。またダイナミックオールホイールステアリング(四輪操舵)を装備。65km/h以下ではリヤタイヤをフロントと逆方向に最大5度まで電子制御により操舵し、都市部などで最小回転半径を小さくして取り回しの良さに貢献。中高速ではリヤタイヤをフロントと同方向に操舵し、操縦安定性を向上させる。さらに、リアスポーツディファレンシャルをクワトロに組み合わせ、快適かつダイナミックな走行性能を実現している。

アウディ S8 新型アウディ S8 新型

ボディ構造は初代A8に採用以来、進化を続けるASF(アウディスペースフレーム)を採用。アルミニウムをはじめ、スチール、マグネシウム、カーボンファイバー強化プラスチック(CFRP)を適材適所に組み合わせ、高強度・高剛性なボディにより、正確なハンドリングや高い静粛性を実現している。

価格は2010万円。

アウディ S8 新型アウディ S8 新型

《纐纈敏也@DAYS》

【画像】【アウディ S8 新型発売】48Vマイルドハイブリッド搭載、価格は2010万円(7枚)

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 今週注目を集めた記事ランキング…1位はメルセデスベンツのコンパクトミニバン
  2. いすゞトラックばかり---750を超える車両が登場
  3. 【BMW 318iツーリング 新型試乗】積極的にこのエントリーグレードを推したい…中村孝仁
  4. 空冷ポルシェで1台2億円!? マニア垂涎『シンガー911 DLS』とは
  5. セルスター、受信性能2倍アップの一体型セーフティレーダー 3.7インチモデルを発売
  6. MINIの世界販売、510万台超え---世界の電動車の5分の1
  7. スズキ、浜松工場の操業停止日を追加---GSX-R1000Rなど二輪車製造
  8. コロナ禍でタクシー移動の浮気増加…探偵がバイクで追跡
  9. トヨタ、10月も国内14工場27ラインで延べ135日稼働停止へ
  10. トヨタ『GRカローラ』と『プリウスPHV』次期型は水素エンジン搭載か!? 登場時期は
ランキングをもっと見る