HKS、GRスープラ向けドラッグ専用サスペンション発売

トヨタ GRスープラ
トヨタ GRスープラ全 2 枚写真をすべて見る

HKSは、ドラッグ専用サスペンション「マックスIV SP DRAG」にトヨタ『GRスープラ』用を追加し、販売を開始した。

GRスープラはローンチコントロール機能を有し、最適なスタートを可能にしているが、純正サスペンションは様々なシチュエーションに対応するため、フロントの荷重を残すセッティングとなっている。今回発売するマックスIV SP DRAGでは、純正サスペンション以上にトラクションを掛けられ、そのトラクションを維持できるよう特化したセッティングを行っている。

新製品はHKSサスペンション伝統の単筒式を採用。大径ピストンならではのレスポンスの良さがトラクションの確保に貢献する。また、全長調整式を採用し、車高を変更せずにストローク配分(バンプタッチタイミング)を変更できるほか、リヤショックのケース長を短くすることでバンプタッチタイミングを遅らせ、後傾姿勢を強くすることも可能。社内テストでは出荷時寸法程度のケース長が好タイムを記録しているが、装着車両仕様・コースにより変更し、車両姿勢を調整することでさらなるタイムアップも期待できる。

また、今後予想されるさらなるハイパワー化・ハイグリップ化にも対応できるよう、リヤにはサブスプリングとして作用するバンプラバーをセットした。リヤはアルミ削り出しの専用アッパープレートを採用し、強度が必要な部分を見極めた上で軽量化も考慮。フロント・リヤ共に直巻形状のスプリングを採用し、スプリングの変更を容易にした。

価格は37万4000円。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV