スズキOEM供給の「トヨタ・スターレット」、アフリカ市場での販売開始

トヨタ・スターレット
トヨタ・スターレット全 1 枚写真をすべて見る

豊田通商は、スズキよりインド製小型乗用車のOEM供給を受け、トヨタブランドのトヨタ『スターレット』としてアフリカ市場で9月中旬より販売を開始する。

豊田通商は2019年1月、トヨタ自動車からアフリカでの営業業務の全面移管を受けている。今回のスズキからのOEM供給は、2019年3月のトヨタ自動車とスズキ間の合意に基づくもの。

アフリカ市場での販売は南アフリカを皮切りに、順次アフリカ47か国へ拡大。近い将来、アフリカで中間所得層が増加することを見据え、豊田通商はアフリカ全土のトヨタブランドの販売チャネルを生かした小型車の販売とアフターサービスの強化を図っていく。

今回のトヨタ・スターレットの販売のみならず、今後もスズキと連携し、幅広い顧客ニーズに応えるために、SUVやセダンなど各種ボデータイプの小型車ラインアップの拡充を予定している。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV