ヤマハ発動機、1000ccエンジン搭載のROV 2機種を北米市場に投入

ウルヴァリン RMAX 1000
ウルヴァリン RMAX 1000全 3 枚写真をすべて見る

ヤマハ発動機は、同社レクリエーショナルカテゴリー初となる1000ccエンジンを搭載した『ウルヴァリン RMAX 1000』2機種を、2020年9月に北米市場などで発売する。

ウルヴァリン RMAX 1000は、2019年~2021年中期経営計画で示したROV(レクリエーショナルオフハイウェイビークル)プラットフォームを採用したモデル。様々な路面を走破できるよう低~高速領域で高いトルクを発揮する1000ccエンジンを搭載したほか、走行シーンに合わせて、ドライバーが求めるエンジン特性を選べるD-Modeを採用。アウトドアを十分満喫するための優れた耐久性・信頼性を実現した。

また、ドライバーの冒険欲を刺激する力強さと存在感を放つ新デザインを採用。コックピットはドライビングに集中するため、ドライバーと車両の一体感を追求した。

価格は4人乗りのRMAX 4が2万1299米ドル(約225万円)より、2人乗りのRMAX 2が1万9799米ドル(約210万円)より。生産は米国のグループ会社、ヤマハ モーター マニュファクチャリング コーポレーション オブ アメリカ(YMMC)で行う。

ヤマハ発動機は、最大市場である北米で特に人気の高いレクリエーショナルカテゴリーに新製品を投入することで、シェア拡大を図る。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ホンダ フォルツァ
  • ホンダ X-ADV
  • トライアンフ「トライデント・コンセプト・プロトタイプ」
  • 「LMWアッカーマン・ジオメトリ」を採用するヤマハ トリシティ300 ABS
  • ヤマハ トリシティ300 ABS
  • KTM 1290スーパーデュークR(上)と1290スーパーデュークGT(下)
  • ハスクバーナ・モーターサイクルズ ピレン701シリーズ
  • Ninja ZX-25R

ピックアップ