9月7日のJR九州は始発から全線運休の可能性、四国は観光列車の運休を決定 台風10号接近

台風シーズンが本番を迎える9月。2019年10月、台風19号で浸水した長野新幹線車両センター(長野県長野市)の記憶が生々しく甦る。
台風シーズンが本番を迎える9月。2019年10月、台風19号で浸水した長野新幹線車両センター(長野県長野市)の記憶が生々しく甦る。全 2 枚写真をすべて見る

特別警報級の台風10号が、猛烈な勢力で九州を中心とした日本近海に接近していることを受けて、JR東日本、JR西日本、JR四国、JR九州の各社は、今後の運行について注意を呼びかけている。

鉄道への影響は9月6日の午前中からと見られており、翌7日夜にかけて、九州・中国・四国・近畿・北陸地方の鉄道で警戒が必要となる模様。すでにJR四国では、9月6日に運行する『伊予灘ものがたり』『四国まんなか千年ものがたり』『志国土佐 時代の夜明けのものがたり』『瀬戸大橋アンパンマントロッコ』の運休を決定。『しまんトロッコ』のトロッコ車連結も同日分は取り止める。

また、高松→徳島、徳島~阿波池田間の特急に連結されている「ゆうゆうアンパンマンカー」は、9月6・7日分の連結が取り止めとなる。

台風の影響を最も受けやすいJR九州では、九州南部が9月6日始発から、九州北部が9月6日午後から運休が発生する可能性が。台風の最接近が見込まれる9月7日は、全線が始発から終日運休する可能性があるとしている。

また、JR西日本広島支社は、9月6日夕方以降に山口県内の全線で運休、9月7日は広島・山口県内の全線で始発から終日運休する可能性があるとしている。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • かつてのキハ400・480形に使われていた宗谷線急行色となったキハ40 1747.
  • 9月11日の運行開始に際し、京都駅31番のりばで行なわれた『WEST EXPRESS 銀河』の出発式。
  • 東京・池袋駅(7月21日)
  • 上下各1本が減便される長崎本線の特急「かもめ」。
  • 七尾線へ投入される521系。輪島の漆塗りをイメージした茜色のラインカラーが入る。
  • 10月2日限りで消えるしなの鉄道115系S11編成のコカ・コーラ色。N12編成だったJR東日本時代の1987年にもコカ・コーラ色となっていた。
  • 終電繰上げ後の大阪駅は、0時15分発の大阪環状線京橋行きが最終列車に。現行より18分繰り上がる。
  • 8000系電車による特急『しおかぜ・いしづち』。10月1日からは『しおかぜ3・5・16・18号』が単独運転となるため、宇多津・多度津以西で併結される高松~松山間の『いしづち3・5・16・18号』は、高松~宇多津・多度津間の単独運転となる。

ピックアップ