SLやELが「無限列車」に…劇場版『鬼滅の刃』とコラボ JR東日本高崎支社で10月9日から

月ごとに2つ用意されているキャラクターにちなんだオリジナルヘッドマーク。11月と12月は乗ってからのお楽しみ。
月ごとに2つ用意されているキャラクターにちなんだオリジナルヘッドマーク。11月と12月は乗ってからのお楽しみ。全 3 枚写真をすべて見る

JR東日本高崎支社は9月8日、アニメ『鬼滅の刃(きめつのやいば)』とコラボレーションした車両や駅への装飾の詳細を発表した。

大正時代を舞台とした『鬼滅の刃』は、主人公の竈門炭治郎(かまどたんじろう)が鬼と化した妹を人間に戻すために戦う姿を描いた吾峠呼世晴(ごとうげこよはる)原作の漫画で、累計8000万部を超えるの大ヒット作品となった。

2019年にはテレビアニメ化されたが、2020年10月16日には『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』が公開されることになり、今回はそれを記念してJR東日本高崎支社とコラボレーションすることになった。

期間中の10月9日~12月31日には、高崎支社の蒸気機関車や電気機関車に6種類のオリジナルヘッドマークが掲出されるほか、牽引される旧型客車の窓や高崎・安中・磯部・横川の各駅構内でキャラクターの装飾などが施される。

『SLぐんまよこかわ』『ELぐんまよこかわ』の停車駅で展開されるポスターや駅名標、フォトスポットのコラボレーションイメージ・『SLぐんまよこかわ』『ELぐんまよこかわ』の停車駅で展開されるポスターや駅名標、フォトスポットのコラボレーションイメージ・

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ