カシオの高機能メタルウォッチ「エディフィス」、アルファタウリとのコラボモデル2種発売へ

エディフィス EQB-1100AT(左)とECB-20AT
エディフィス EQB-1100AT(左)とECB-20AT全 10 枚写真をすべて見る

カシオ計算機は、高機能メタルウオッチブランド「エディフィス」に、2020年イタリアGPで優勝したF1チーム「スクーデリア・アルファタウリ」とのコラボ2機種「EQB-1100AT」「ECB-20AT」を設定し、9月25日より発売する。

カシオが2016年よりオフィシャルパートナーとしてサポートしている「スクーデリア・トロロッソ」は、今シーズンより「スクーデリア・アルファタウリ」へと名称を変更。チーム名変更後初となる今回のコラボモデルは、スクーデリア・アルファタウリとエディフィスのロゴに共通して使用されているネイビーと、もう一つのチームカラーであるホワイトの二色を用いたグラデーションを文字板全体にあしらっている。両モデルとも、文字板や裏蓋、バンドの随所にチームロゴを配するなど、スクーデリア・アルファタウリの世界観あふれるデザインに仕上げた。

EQB-1100ATは、厚さ9.6mmの薄型ケースに、モータースポーツと親和性の高いカーボン素材を組み合わせた八角形ベゼルをセット。機能面では、2都市同時の時刻表示に対応する。ECB-20ATは、スケジュールタイマー機能を搭載した「ECB-20」をベースモデルに、チームのロゴを刻印したレザーバンドを採用。ケースとバンドにもネイビーを採用する。

両モデルとも、チームのメカニックが現場でも安心して使用できるよう、風防に傷が付きにくいサファイアガラスを採用する。さらに専用アプリと連携し、スマートフォンが近くにあると自動で時刻を修正。世界で分刻みのタイムスケジュールをこなすチームメンバーをサポートする。

価格はEQB-1100ATが7万1500円、ECB-20ATが4万1800円。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV