ケンウッド、テレマティクスサービス向け通信型ドライブレコーダーを開発

通信型ドライブレコーダーの概要
通信型ドライブレコーダーの概要全 1 枚写真をすべて見る

JVCケンウッドは9月14日、IoT・AIベースのテレマティクスサービス開発を短期間で可能とするデバイスとして、新たな通信型ドライブレコーダーを開発したと発表した。

JVCケンウッドはこれまで、オートモーティブ分野に留まらず、自動車保険やライドシェア、トラック運送業界など、さまざまな分野との連携により、通信型ドライブレコーダーを核とするテレマティクスソリューションの提供を推進してきた。

開発品は、高機能ドライブレコーダーとしての利用に留まらず、IoT・AIデバイスとしての活用にもフォーカスしたテレマティクスサービス向け通信型ドライブレコーダー。汎用OSの採用で独自アプリケーションの組み込みを可能とし、運転支援機能やドライバーモニタリングなど検証済みのアプリケーションもオプションとして提供できる。

また、別売のソフトウェアデベロップメントキットにより、フリートマネジメント(車両・運行管理)システムをはじめ、さまざまなシステムとのデータ連携も容易に実現。LTEの他、WiFi/Bluetooth通信に対応するとともに、USB端子も搭載し、スマートフォンなど他デバイスとの接続もサポートしている。

同社は本デバイスを軸に、他のIoT製品やエッジAI製品などとも組み合わせながら、幅広い分野に向けてドライバーに安全・安心を提供するテレマティクスソリューションを提案していく。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV