道路空間のユニバーサルデザインを検討へ 国交省が懇談会を新設

(イメージ)
(イメージ)全 2 枚写真をすべて見る

国土交通省は9月11日、改正道路法や、バリアフリー法の改正に伴って設定されたバリアフリー基準を考慮して、道路空間のユニバーサルデザインを検討する懇談会を新設すると発表した。

今年5月に改正道路法が成立したほか、高齢者・障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律(バリアフリー法)が改正された。これらに対応してバリアフリー基準などを策定するため、「道路空間のユニバーサルデザインを考える懇談会」を新設して、具体的な議論を始める。

1回目の懇談会を9月15日に開催して、道路におけるユニバーサルデザインに向けた取り組み状況や、旅客特定車両停留施設の道路移動等円滑化基準(バリアフリー基準)の策定、歩行者利便増進道路の構造基準の策定について議論する。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 三菱 eKスペース 助手席ムービングシート仕様車
  • スズキ スペーシア 車いす移動車 ハイブリッドX(オフブルーメタリック)
  • 歩行空間ネットワークデータを活用して実現するサービスのイメージ
  • レクビィ、キャンピングカー販売で介助犬育成を支援
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Gクラス 4x4 スクエアード 後継モデルプロトタイプ(スクープ写真)
  • スバル BRZ 次期型 予想CG

ピックアップ