レンジローバースポーツ、2021年モデルの受注開始…3.0リットル6気筒ディーゼルを追加

レンジローバースポーツ 2021年モデル
レンジローバースポーツ 2021年モデル全 16 枚写真をすべて見る

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、スポーツSUV『レンジローバースポーツ』2021年モデルの受注を9月18日より、全国のジャガー・ランドローバー・ジャパン正規販売ディーラーネットワークにて開始する。

2021年モデルでは、エンジンのラインアップを刷新し、マイルドハイブリッドテクノロジーを採用した3.0リットルINGENIUM直列6気筒ディーゼルエンジンを導入。最高出力300ps、最大トルク650Nmを発揮し、優れたレスポンスとさらなる安定性を提供する。

また、3.0リットル直列6気筒INGENIUMガソリンエンジン搭載モデルとして、新グレード「HST」が登場。カーボンファイバーエクステリアパック、21インチブラックホイール、ツインブレードサンバイザーを装備し、よりスポーティなエクステリアを実現している。

さらに2021年モデル限定グレードとして、「HSEシルバー」、「HSEダイナミックブラック」、「SVRカーボンエディション」を用意する。

HSEシルバーとHSEダイナミックブラックは、パノラミックルーフやメリディアンサラウンドサウンドオーディオシステムなど、人気の装備を多数搭載している。HSEシルバーはフジホワイト、サントリーニブラック、フィレンツェレッド、アイガーグレイ、ランタオブロンズ、ハクバシルバー、カルパチアングレイの7色をボディカラーとして用意。HSEダイナミックブラックはモデル名の通り、ブラックを基調としたエクステリアカラーにサントリーニブラックとカルパチアングレイの2色を用意する。

SVRカーボンエディションは、22インチブラックホイールを装備し、エンジンカバーやトリムフィニッシャーにカーボン素材を使用。スポーティかつダイナミックなレンジローバースポーツの特徴をより際立たせている。

価格は3.0リットル直列6気筒ディーゼルエンジン搭載モデルが936万円から1229万円、PHEVモデルが1218万円から1351万円、3.0リットル直列6気筒ガソリンエンジン搭載モデルが1264万円、5.0リットルV8ガソリンエンジン搭載モデルが1482万円から1921万円。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV